| コラム

Let’s have Kimono experience in Asakusa Tokyo ♪ (4 stores where you can enjoy Kimono experience in Asakusa)

“Asakusa” is a town which has strong “downtown taste”. It is the most popular tourist areas of Tokyo, “Kaminarimon”, “Senso-ji Temple”, Asakusa gourmet, or in the neighboring town Ryogoku, there are “Kokugikan” where they have the Sumo-wrestling tournament and Edo historical museum. There are a lot of attractions for foreign tourists that you can’t miss. And when you visit Asakusa, we would like to definitely recommend to have “Kimono experience”. Wearing a beautiful Japanese traditional costume, let’s gracefully walk the streets of Asakusa. Although in Asakusa there are many shops that you can rent Kimono, the following four stores has a website descript in English, with resident bilingual staff, offers […]

詳細はこちら

Ueno tourist information | 4 spots to visit in Ueno

3-minute train ride from “Guest house Wasabi”, you will be in “Ueno”. There are culture facilities such as museums, art museum and art-based schools, it is an area of scent of culture. We will introduce the attractions of the captivating downtown area this time. Ameya Yokocho (Ameya alley) “Ameya Yokocho”the mall area that extends between the JR Ueno Station and the Okachimachi station. It will be known by the name called “Ameyoko”. Several hundred retail stores cluster along street along the viaduct, and everyday has a great bustle of shoppers. Also goods to be handled, are food, clothing, miscellaneous goods, jewelry and so on. Almost just anything, and is to […]

詳細はこちら

Let’s go to the “Tsukiji market”!

Tsukiji market is a public wholesale market in Chuo-ku, Tokyo. Scale of the market is said to be the world’s largest, handling the amount of seafood per day up to a whopping average of 2,000 tons. In addition to seafood, meat, fruit, vegetables, a variety of fresh food are also beukng trade. It also has a face as a major tourist spot in Tokyo, and the sight of lined up people for fresh fish and seafood, many tourists every day seeking the atmosphere of the coming and going of people and vehicles rapidly in the market. However, in recent years due to the rapid increase of tourists, there are some […]

詳細はこちら

東京 浅草で着物体験をしてみよう♪(浅草で着物体験ができる4つのお店)

下町風情を色濃く残す町「浅草」。 東京でもっとも人気の高い観光エリアであり、「雷門」、「浅草寺」、浅草グルメ、隣町両国の「国技館」など、外国人観光客にとって見逃せないアトラクションがたくさんあります。 そして浅草を訪れる外国人観光客にぜひともオススメしたいのが「着物体験」。 日本の美しい伝統衣装を着て、浅草の街を優雅に歩いてみましょう。 浅草には着物レンタルができる店が数多くありますが、以下の4店舗はウェブサイトに英語で説明があったり、バイリンガルスタッフが常駐したりと、外国人観光客が利用しやすいサービスを提供しています。 サクラフォトスタジオ 雷門から徒歩2分という好立地にある「サクラフォトスタジオ」では、着物体験コースやオプションのロケ撮影などが楽しめます。 オプションコースでは、ガイド付きで浅草寺、浅草神社、雷門、スカイツリーなどの名所を廻り、記念撮影をしてくれます。 日本滞在のステキな思い出になることまちがいありませんよ◎ シンプルプラン:3,000円 ベーシックプラン:5,000円 ラグジュアリープラン:10,000円 サクラフォトスタジオ なでしこ(Nadeshiko) 「なでしこ」は浅草の遊園地「花やしき」の入園ゲートの前にあるお店です。 ここでは着物の着付けと共に、お茶席が体験できます。 華やかな着物を身に着けて、抹茶とお菓子をいただく優雅なひととき。 きっと忘れられない思い出となるでしょう。 英語版ウェブサイトも、とても丁寧に分かり易く記載されていますよ。 Nadeshikoプラン(着物とお茶席体験):4,400円(税込) 着物体験のみ:2,700円(税込) なでしこ 浅草七変化(Asakusa 7 Henge) 「浅草七変化」は、花やしき通りにある着物のリサイクルショップです。 リサイクル着物をリーズナブルな価格で販売するほか、オリジナル小物の販売、さらにレンタル着付けなど様々なサービスを楽しむことができます。 お店には外国の方に対応できるスタッフがいるほか、ウェブサイトも一部英語対応しています。 ぜひお気軽にお問合せしてみてくださいね。 着物で散策コース(1Dayレンタル):3,000円 振袖で散策コース(1Dayレンタル):10,800円 浅草七変化 ここも(Cocomo) 「ここも」は、こじんまりとしたアットホームな着物レンタル屋です。ロケーションは、雷門、浅草寺から徒歩30秒と今回紹介した中でも抜群です。 このお店の売りは、通常の着物体験だけでなく、花魁、舞妓さん、芸者さん、侍、歌舞伎役者など様々な役柄に変身できることです。 日本人でもなかなか馴染みがない芸者や歌舞伎役者の扮装。ぜひトライしてみはいかがでしょうか。 1 Day着物レンタルプラン:3,000円 着物撮影プラン:5,000円 スタジオコース:13,800円~ ここも それでは浅草観光を楽しんでくださいね。 Enjoy your trip♪

詳細はこちら

上野の観光情報 | 上野で訪れるべき4つのスポット

「ゲストハウスわさび」から電車で3分という立地にある「上野」。 ここは美術館や博物館などの文化施設や、芸術系学校などがある、文化の香り漂うエリアです。 今回はこの魅惑の下町エリアの観光名所をご紹介していきますね。 アメヤ横町 「アメヤ横丁」は、JR上野駅と隣の御徒町駅のあいだに伸びる商店街エリア。通称「アメ横」の名で知られます。 高架橋に沿った通り沿いに数百軒の小売店舗がひしめき合い、連日買い物客で大変な賑わいを見せます。扱われる商品も、食品、衣類、雑貨、宝飾品などまさに何でもアリといった具合で、値段がきわめてリーズナブルなのも特色のひとつ。 とりわけ年末になると、正月用の食品などを買い求める人々で大混雑を見せます。この光景は、年の瀬の東京の風物詩として知れ渡っています。 上野恩賜公園 「上野恩賜公園」は、上野駅の西側に広がる広大な敷地を持つ公園です。 園内には、美術館や博物館など多数の文化施設がある他、日本一の来園者数を記録する「上野動物園」もあります。 また桜の名所としても有名であり、桜の開花時期には大勢の花見客が訪れます。 さらに夏に池を覆い尽くす蓮の花や、冬に飛来する数多くの水鳥なども優れた見ものです。 湯島天満宮 「湯島天満宮」は、古来より江戸・東京における代表的な天満宮として知られます。 天満宮とは、学問の神様として知られる菅原道真公を祀る神社のこと。 そのため受験シーズンになると、多数の受験生が合格祈願のためにここを訪れます。 文京区の落ち着いたエリアの一角にあり、周囲は昼下がりの散歩にうってつけです。 また梅の名所としても知られ、毎年2月上旬から3月上旬にかけて「梅まつり」が開かれます。 湯島天神へのアクセスは、下記の公式ウェブサイトをご参照くださいね。 湯島天神 美術館&博物館 上野恩賜公園内には、東京を代表する数多くの博物館や美術館が集まっています。 代表的なものは、東京国立博物館、国立西洋美術館、国立科学博物館、東京都美術館など。 それぞれに公式ウェブサイトがあるので、興味がある企画展示やイベントなどがあったらぜひ訪れてみてくださいね。 ■上野の美術館 東京国立博物館 国立西洋美術館 国立科学博物館 東京都美術館 上野へのアクセス 「ゲストハウスわさび」最寄りの日暮里駅および東京都内の主要駅から上野へのアクセスは下記の通りです。 日暮里駅から:JR山手線で3分 東京駅から:JR山手線で8分 新宿駅から:JR山手線で26分 それでは、上野観光を満喫してくださいね。 Enjoy your trip♪

詳細はこちら

「築地市場」に行ってみよう!

築地市場は、東京都中央区にある公設の卸売市場です。 市場としての規模は世界最大と言われ、一日あたりの水産物の取扱量は、なんと平均2,000トンに上ります。 水産物の他にも、肉類、果物、野菜など多彩な生鮮食品の取引が行われます。また、東京の一大観光スポットとしての顔もあり、新鮮な魚や海産物がずらりと並ぶ光景や、人々や車両が目まぐるしく行き交う市場の雰囲気を求めて連日多くの観光客が市場を訪れます。 ただし、近年は観光客の急増に伴い、市場の一部エリアに入場規制がかけられるなどの処置も講じられているので、見学の際は注意も必要です。 今回は外国人観光客の方々向けに、この築地市場の楽しみ方をご紹介していきますね。 マグロのセリを見よう! 築地市場の一番の目玉と言えば、やっぱり「マグロのセリ会場」。 ずらりと並んだ巨大な冷凍マグロが次々と売り捌かれていく光景は迫力満点です。 見学には時間制限や定員が設けられているので、事前にしっかりと情報チェックしてから訪れてくださいね。 見学者数:最大120名(先着順、予約不可) 受付場所:「おさかな普及センター」1階(勝どき門入口横) 受付時間:午前5時より(繰り上げの可能性アリ) 見学時間: (1)前半 午前5時25分から5時50分 (2)後半 午前5時50分から6時15分 注意事項: ※卸売場は、取引を行う場所なので、業務に支障が出ないよう注意して行動してください。 せり場でのフラッシュ撮影は禁止です。 築地市場マグロ卸売場の見学について 卸売市場を見学する! 「卸売市場」は、水産物や青果を扱う卸売店舗が並ぶエリアです。 細い通路を買い手と売り手が忙しなく行き交う、まさに「市場」という活気ある雰囲気を楽しむことができます。 見学は9時から可能で、写真も自由に撮影して構いませんが、くれぐれも市場の方々の業務の妨げにならないようご注意くださいね。 場外市場に行ってみる! 場内市場と違って、一般客でも気軽に訪れることができるのが隣接する「場外市場」です。 狭い路地に飲食店や小売店が多く並ぶエリアで、築地の活気ある雰囲気を楽しむことができます。 築地の飲食店と言えばやっぱり寿司が有名ですが、じつは魚料理以外のお店もかなりたくさんあります。ガイドブックに必ず登場する超有名店から、市場の従業員が行きつけにするローカル食堂まで、ラインナップも多種多彩。 ブラブラと歩き回っているだけで優に半日過ごせてしまう楽しいエリアですよ。 築地市場見学の注意点 観光スポットとして有名な築地市場ですが、ここは本来業務取引が行われる場です。 訪問 者の方は以下の事項にご注意ください。  立ち入り禁止エリアに入らないでください。  場内の交通の妨げにならないようにしてください。  大きな荷物やスーツケースを持ちこまないでください。  ハイヒールやサンダルなど滑りやすい履物は避けてください。  小さな子供やペットの同伴はご遠慮ください。  車椅子で入場される方は、必ず付添い人を同伴してください。  場内での喫煙は避けてください。  受付の待ち時間が長いため、冬場は防寒をしてきてください。 営業情報 築地市場の営業情報は以下の通りです。 営業時間 場外市場:5:00~14:00(店舗によって異なる) 卸売市場:訪問客は9:00から見学可 ■休市日 日曜・祝日 その他、水曜日に閉まることもあります。 詳しいスケジュールは、下記のウェブサイトからご確認ください。 (受付が5時となっていますが、スタッフが見学に行った際、4時半でも中に入れるかどうかの混雑具合なので、早めの到着をオススメいたします。) 築地市場ウェブサイト 築地市場へのアクセス 築地市場の最寄り駅は、都営大江戸線の「築地市場駅」です。 その他、日比谷線「築地駅」、JR「新橋駅」などから徒歩でのアクセスが可能です。 東京駅から:丸ノ内線で「銀座駅」まで行き(約3分)、日比谷線に乗り換えて「築地駅」で下車(約3分)、運賃170円。 新宿駅から:都営大江戸線で「築地市場駅」まで直通。所要時間約20分、運賃260円。 それでは築地見学をお楽しみくださいね♪

詳細はこちら