| コラム

Some tips to travel cheap in Japan.

Many Japanese thinks “Traveling overseas is good, but after all traveling in Japan is the best!” All over the country, there are all kinds of scenic spots and historical sites, and delicious food you can enjoy. If there is only one problem, it is the high transportation costs and accommodation charges. As looking at the travel price people say, “It will be even cheaper to travel to Southeast Asia or Taiwan if this is the price…” and often take a sigh. So, we will introduce you the secret to keep the transportation costs and accommodation expenses cheap. Secret Part 1: Using a high-speed night bus! Most excellent means to inexpensively […]

詳細はこちら

少人数の国内旅行に格安で行くコツは?

「海外もいいけど、やっぱり旅行は国内がイチバン!」そう考える日本の方は少なくありません。 全国津々浦々、景勝地や史跡には事欠きませんし、美味しいご飯は食べられるし、言葉が通じなくて不便することもないし、と国内旅行のメリットはいくらでも挙げられます。 ただひとつだけ問題があるなら、交通費や宿泊代が高くつくこと。 旅行代金を見て、「え、コレなら台湾とか東南アジアを旅した方が安いじゃん…」とため息をつくこともしばしば。 そこで今回は、少人数の国内旅行で、交通費と宿泊費を格安に抑える秘訣をご紹介していきます。 秘訣その1:高速夜行バスを利用する! 交通費を安価に抑える最も優れた手段は、やはり高速バス(夜行バス)を利用すること! 目的地にもよりますが、料金はおおむね飛行機や新幹線の3分の1から4分の1程度で済みます。 また高速バス(夜行バス)には、格安料金の他にもさまざまなメリットがあるんですよ。 やっぱり料金がダントツで安い! ここでは東京⇔名古屋の片道移動を例にとって、各交通手段の料金を比較してみます。 飛行機:平均7,000~25,000円 新幹線:平均10,000~15,000円 高速夜行バス:平均2,200~8,000円 ご覧の通り、3つの交通手段の内、高速バスが群を抜いて格安なのがお分かりだと思います。 ターミナル駅まで直行してくれる! また高速バスはたいてい各都市のターミナル駅まで直行してくれるので、乗換や他の移動手段などを考える必要もありません♪ 移動時間を有効利用できる! さらに時間を有効利用できるのも、高速バス(夜行バス)の魅力です。 たしかに高速バス(夜行バス)は他の交通手段と比較して時間がかかります。それでも夜出発して、車内で眠っているうちに到着しちゃうので、朝からたっぷりと時間を使うことができます。 実は目的地に朝一番早く到着できるのは、高速バス(夜行バス)なんですよ♪ 秘訣その2:ゲストハウスを利用する! 宿泊費を抑える手段としては、ビジネスホテル、ユースホステル、カプセルホテルなどがあります。 今回はその中でも「ゲストハウス」の利用を強くオススメする理由をいくつか挙げていきます。 「ドミトリー」なら料金が超格安! ここでは、「ゲストハウスわさび」がある日暮里・上野エリアを対象に、各宿泊施設の料金を比較してみます。 ビジネスホテル:シングル1泊6,000~10,000円 ユースホステル:シングル1名1泊4,500円(会員外は5,100円) カプセルホテル:カプセル1泊2,500円~4,000円 ゲストハウス:ドミトリー相部屋1泊2,800円~、個室4,800円~ ご覧の通り、「ドミトリー」と呼ばれる相部屋ならば、最安のカプセルホテルと変わらない料金で滞在することができます。 また3名での利用ならば、1人あたり3,000円という破格の料金で個室に泊まることも可能です。 同じ値段のカプセルホテルより遥かに快適! ゲストハウスのドミトリーとカプセルホテルは、料金こそ同程度ですが、快適さにおいては大きな差があると言えるでしょう。 部屋の広さが比較にならないのはもちろんのこと、「ゲストハウスわさび」の場合は大浴場のなどの設備も利用でき、さらに他の宿泊客の方たちと交流できる団らんスペースもあります。また、「フリードリンク」で「化粧水」や「乳液」が無料というところも快適ポイントですよね。 旅行者同士の交流も魅力のひとつ! 料金の安さ・快適さだけでなく、旅行者同士の交流が盛んなのもゲストハウスの魅力のひとつ。 世界各国から多彩なバックグラウンドを持つ旅行者が集うので、予期せぬ面白い出会いがアナタを待ち受けています。 また旅のツワモノたちからさらなる「格安旅行の秘訣」を聞き出すこともきっとできるはず! いかがでしたでしょうか? 高速夜行バスとゲストハウスを活用して、格安国内旅行をお楽しみくださいね。 Enjoy your trip♪

詳細はこちら

ゲストハウスの魅力ってなに?

ここ最近、日本でもにわかに注目を集めているゲストハウス。東京や大阪などの大都市だけでなく、地方の観光都市でも徐々にその数を増やしつつあります。 海外ではバジェットトラヴェラーの宿泊先として非常にポピュラーな存在なので、すでにご利用経験ある方はいるかもしれません。「でも、外国の旅行者とか多そうで、なんとなく気後れしちゃうなあ…」という方もいるでしょう。 そこで今回は、「ゲストハウスっていったいどんなところなの?」というアナタの疑問にお答えしたいと思います。 ゲストハウスっていったいどんなどころ? ゲストハウスとは、アメニティサービスなどを省いた素泊まりの宿のことで、海外ではバックパッカーなどのバジェットトラヴェラーの宿泊先としてポピュラーな存在です。 一泊当たりの値段が、通常のホテルに比べて格段に安い点が魅力です。 また多くのゲストハウスでは、個室の他に「ドミトリー」と呼ばれる相部屋を提供しており、1部屋に4~10数人分のベッドを用意することで、宿泊単価を安く抑えています。 ドミトリーは男女別に分かれている場合もあれば、男女混合の宿もあります。 施設はどんな感じ? ゲストハウスの一般的な設備例は、以下の通りです。 ・無料Wi-Fi ・貴重品ロッカー ・共同シャワー・トイレ(個別の場合もアリ) ・読書灯 ・コンセント ・エアコン ・コインランドリー その他、冷蔵庫やキッチン、フリードリンクが利用できる宿も数多くあります。ゲストハウスわさびの場合は、日本の特色を生かしてシャワーだけでなく大浴場とサウナをご用意しています。 また設備が共有だからといって、不潔だったり、ぞんざいな管理が為されていたりなんてことはありません。とりわけ日本のゲストハウスは、普通のホテルと同じくらい掃除が行き届いて清潔なことで有名ですよ。 なお多くの設備が共有となっているので、貴重品の管理だけはしっかりとしましょう。大抵の宿ではロッカーを設置するか、もしくはレセプションで貴重品の預かりサービスを提供しています。 旅行者同士の交流が最大の魅力! ゲストハウスに旅行者が惹かれるワケは、料金の安さだけではありません。 この手の宿の最大の魅力は、なんといっても旅行者同士の交流が盛んな点! ゲストハウスには、その国在住の国内旅行者はもちろん、多様な国籍・バックグラウンド・年齢層の旅行者たちが集まってきます。 その日出会ったばかりの仲間と、食事に出かけて杯を交わしたり、リビングで夜中まで語らったり、一緒に観光に出かけたりと、まさに旅ならでは出会いが待っているのがゲストハウスという場所です。 旅行者同士の共通語としては、やはり圧倒的に英語が使用されるケースが多いでしょう。 ただし英語が分からない方でも気後れする必要はありません。むしろこんな機会だからこそ、拙い英語でも積極的に相手に話しかけてみましょう。 大切なのは、「伝えたい! コミュニケーションを取りたい!」というその意志です。 いかがでしたか?  日本にお越しの際は、ぜひゲストハウスに宿泊してみてくださいね!

詳細はこちら