旅館&ホステル わさび京都そば

旅館&ホステルわさび京都そばの魅力・ロケーション

LOCATION

「戦国一の出世頭」と評され、初めて天下統一を果たした豊臣秀吉は全盛期に、政庁兼邸宅として「聚楽第」を作りました。 そこは、政務を司り、茶人の千利休が屋敷を構える等、文化交流の中心部の邸宅。度重なる戦火で現存されていませんが、場所は「洛中」にあったとされ、「洛」は「京」「都」と同じ意味で使い、京都市の古くからの市街地をさします。そんな「聚楽第」があった場所に「わさび京都」はあります。

  • 後陽成天皇聚楽第行幸図 後陽成天皇聚楽第行幸図
  • 豊臣秀吉像 豊臣秀吉像
  • 聚楽第址の石碑 聚楽第址の石碑

HISTORY

「不易流行」そんな言葉が似合うこの建物は、約100年前に建てられた町家入口を開ければ、外の現実世界と切りなれ鮮やかな四季を感じ、日本の建築美が広がっていきます。
▲ Go to top